スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵を倒すのではない、敵を救うのである

敵を倒そうとしていては、結局世の中に争いと憎しみの連鎖を生むだけである。
敵にも敵なりの理由があるのである。
世の中で最も恐ろしいのは、死を覚悟したものの狂気の攻撃である。
敵をがむしゃらに倒そうとしてはいけないのである。
生き物が持つ衝動の中で最も強い本能は生存本能である。
つまり、生命が脅かされるとき、人は必ず、自分を守るために攻撃するのである
この本能を世界の理解に入れた時、導き出される結論は一つである、敵を救うこと。
罪と責任の所在をはっきりさせることである。
無理やり敵を殺すのではない、敵を反省させつつ、未来をともに歩むという決意である。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フリードリヒ

Author:フリードリヒ
大学で政治学、社会学、心理学、文化について学んでいます!
最終目標は、世界連邦共同体の設立です。
一刻も早く、誰もが幸せになれる、戦争のない、あらゆる人達の生存権が保証される世界を目指して。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。