スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義か平和か 戦争の究極的なチョイス

戦争というのは、悲惨なものだ。暴力を使わない、新しい、戦争の方法がある、其れは、市民社会によるデモである。特に、楽しそうにまるで祭りのように行うデモは、無秩序のように見えてなかなか停めにくい。こうしたデモを行える、市民社会というあらたな、政治のパワーを作り出すことによってのみ、新しい世界が作られるのである。暴力を用いいて無いのだから、相手も暴力は使えない。其れはものすごいプレッシャーになるだろう、更に代表のない団体を作り、デモごとに、参加者を募れば更に効果的である。
 暴力を使った戦争はとてもかっこ悪いものである。結局の残るものは後悔だけなのだから。
戦争というのは、いや全てのあらそいは、自分だけが正しいという思い込みから生まれる。実際はたくさんの正しさが存在するのに其れを認められず、正義の押し付け合いから戦争が始まるのである。故に、戦争の前ですら究極のチョイスは、正義か平和かなのである。常に、正義に向かって前進しつつ、同時に政治的に妥協するというのが理想的である。それぞれには、それぞれの守るべき利益が有り、生活があるのだから、自分自身の価値観を、相手の状況を理解せずに押し付けるものは、其れこそ悪である。
本当に国を守りたいのなら、家族を守りたいのなら、なぜ、今の世界はこんな状況になったのか、原因之把握をきちんとすべきである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フリードリヒ

Author:フリードリヒ
大学で政治学、社会学、心理学、文化について学んでいます!
最終目標は、世界連邦共同体の設立です。
一刻も早く、誰もが幸せになれる、戦争のない、あらゆる人達の生存権が保証される世界を目指して。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。