スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争について

「もちろん、普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは、つねに簡単なことだ。とても単純だ。国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない。この方法はどんな国でも有効だ」byヘルマン・ゲーリング

いい言葉です。アメリカですら、軍縮するのに、なぜ中国は軍備を強めるのか、それは孫文の三民主義の中に、強い国になるべしというのがあるという点がひとつ、そしてもう一つ、中国は、自国の軍隊により、多民族を脅して、搾取して、反乱を抑えこんでいるから、そうでもしないと中国は一気に崩壊する国です。国というよりは、連邦の方が正しい。独裁主義の帝国のようなものです。
 中国は、国内で今、共産党への不満が高まっています。中国の人たちだって本当は、戦争を望んでいないはずです。
  
 国外から攻めるよりも、国内から崩壊するほうがよっぽど簡単です。

 中国の国内に、戦争反対の、平和主義者たちを増やすことが一番いいと思います。そのためにも、日本国内はもとより、世界中に真実を伝えましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フリードリヒ

Author:フリードリヒ
大学で政治学、社会学、心理学、文化について学んでいます!
最終目標は、世界連邦共同体の設立です。
一刻も早く、誰もが幸せになれる、戦争のない、あらゆる人達の生存権が保証される世界を目指して。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。