スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右も左もない ポストイデオロギーの時代へ

イデオロギーは、いつも偏った世界の見方を示すのである。その見方はたしかに正しい、しかし、それでも、世界の一部だけをみており、その他の真実には目が行かないのである。
何故なら、イデオロギーは人の思考を縛るからである。
イデオロギーはそのイデオロギーの外に存在する真実を覆い隠す性質がある。我々はイデオロギーの外にある真実にも目を向ける必要があるのに、イデオロギーはそれを不可能にする。
ナショナリズムもイデオロギーである。人々にとって至上の目的は生きることであるが、ナショナリズムは、他国でみk残るために戦っている人がいるという視点をなくさせる。
人々が争うのも、人を殺すのも生きるためである。ただ生きるのではない、自分の人生の選択に責任をもって、不安を受け入れて、自ら選択して人に意思を預けずに生きていくということである。
人々は人を殺さずとも生きていけるなら、人を殺したり戦争したりしないのである。無闇矢鱈に罪だ何だ、正義だなんだと言わずに、相手を許し、相手を活かす方向で共に未来を築いていく姿勢が唯一の、平和への道であり繁栄の道なのである。
スポンサーサイト

敵を倒すのではない、敵を救うのである

敵を倒そうとしていては、結局世の中に争いと憎しみの連鎖を生むだけである。
敵にも敵なりの理由があるのである。
世の中で最も恐ろしいのは、死を覚悟したものの狂気の攻撃である。
敵をがむしゃらに倒そうとしてはいけないのである。
生き物が持つ衝動の中で最も強い本能は生存本能である。
つまり、生命が脅かされるとき、人は必ず、自分を守るために攻撃するのである
この本能を世界の理解に入れた時、導き出される結論は一つである、敵を救うこと。
罪と責任の所在をはっきりさせることである。
無理やり敵を殺すのではない、敵を反省させつつ、未来をともに歩むという決意である。

世界中でおかしなことが起こっている

http://www.youtube.com/watch?v=3BuTzIGV5X0


まずは上の動画を見ていただきたい。
このようなことが、日本だけでなく、世界中で起こっている。
日本と中国の中が悪いのは表面上だけであり、実際はとても仲良くしている。
韓国でデモを起こしているのは20代であり、そのデモの真実は、生存権を保証しろと政府に訴えているものである。そんな若者の怒りを、無理やり海外に向けて、国の形を保っている、もしくは保たざるをえない状況を作り出しているとは、考えられないだろうか。
ここまで話したことは、全て僕の推論だが、果たしてコレを単なる陰謀論と呼ぶことで、流してしまっていいのだろうか
世界を変える可能性のある情報は大体にして命がけで伝えられる
本名を晒せば殺される可能性もある
わざと嘘を紛れ込ませたり真実を紛れ込ませている可能性も無きにしもあらずではないだろうか
みなが真実に気が付き始めることを望む。

国際政治においても人生においても大切なケセラセラ(なんとかなるさ)の思考

 解決できる問題の解決をせず、後回しにするのは問題ですが、解決できない問題を、無理に解決しようとするのも問題です。全身は指せるべきですが、解決を急いではいけません。今の、日本の政治的な状況がそれです。せっかくプーチンさんが北方領土を解決してくれようとしているのに、その上ガスのパイプラインまで引いてくれようとしているのに、ロシアに制裁を加えろと、アメリカが言う。でもアメリカとの関係を破綻させる選択肢は、アメリカとの関係を破綻させるだけでなく、国際正義的な世論からも反発を受けます。
このような場合、アメリカに協力すると口だけで言っておいて、実際は行動しないという、あえて何も選ばないという選択肢が有効です。
 それに、何もしなくても、時間は流れますし、時間はあらゆる存在を変質させ、その状況の本質を変えます。
つまり、時間が状況を変え、勝手に、問題を解決する機械を生み出すということです。
その、時間が来るまで、できることだけやって、できないことは後回しにするのです。
 人生においてもそうで、人間生きている限り、自分の力だけではどうしようもないこと、どう動いても不利になるような状況とか有ります。そのようなときに、あえて何も選択せず、なるようになるさ(ケセラセラ)のこころで、じっとゆる~く構えておけば、時間が勝手に解決への光明を生み出してくれます。
 何かにとらわれず、ゆる~く構えておくことで、国も個人もあらゆる人が、そのストレスから開放されるのです。

デモをしませんか

まだ詳細は決めていませんが、デモをしませんか。多少なりとも僕は英語が話せるので、世界で同時にデモとか時間は多少かかりますが可能です。
戦争をやめろ、自国の利益にとらわれるのをやめろ、皆の幸せと生存権を、国家ではなく、地球単位で保証しろ、地球連邦をさっさと作れ、人々の暮らしに希望と安心を与えろデモをしませんか。
政治家の手に政治を任せていたら、それこそいつまでも戦争がなくなりません、どうか、どうか、私達で、世界をより良き世界にしましょう。

ご協力いただける方、少しでも賛同いただける方は、http://lokiloki.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7473693
このサイトまできて、一緒に話し合っていただけるなり意見をいただければ幸いです。

twitterもやってます。https://twitter.com/lokiutogard
どうか、どうか、ご協力をよろしくお願いします。

ウクライナ初第三次世界大戦の可能性

国際秩序は何の役にも立たない、とは詭弁だ。国際法はなんの訳にも勃たないというのも詭弁だ。
なければもっと悲惨なことになっていたはずだ。憲法9条は、戦争をしちゃいけないと行っているが、必ず守らなければいけないわけではない。何事にも例外は発生する、だから憲法9条を残しつつ、必要時には国防軍を作るスタンスがベストだ。
さて、ウクライナでは、政治家の腐敗が進んでいて、国民がようやく自ら腐敗に対して戦う意志を示したようだ。しかし
、ロシアには都合がわるいようだ、だがウクライナは、ロシアとEUをつなぐパイプラインを着るとかするようなことはさすがにしないだろう。ナノにもかかわらず、ロシアはウクライナに攻撃しようとしている、ウクライナはEUに入りたくて革命をしたのではない、ロシアに入りたくて問うのもちがう、ただよい国をつくろうとしただけだ、なのに、なぜロシアは攻撃する必要があるんだ、わけがわからない。

もはや、国際法では、世界を平和に導くことはできない。地球連邦建設しろデモを起こしたいと思う。
協力者は、地球連邦について語り合うサイトの掲示板に来てほしい。

国際政治のアナーキー

国際政治のアナーキーという大きな問題が有ります。
コレは、国家権力を抑制できるものがないこと、国家が生存のために他国と競いあうために、他国と衝突が酒荒れないこと故に、戦争が起きるという問題です。
コレを解決するには、地球連邦でアナーキーを止めるしか無いと思います。

人の生きる意味

人は、ただ生きるために存在している。
生きるとは、自らの可能性を最大限に発揮して、自分の意志で選択し、責任を負うということです。
決して正義のためやアクのために生きているわけではないです。

http://tensei.nanaki.biz/us.html

↑ノサイトは見てみると心が落ち着きます
情報商材を売っているみたいですがは買わなくていいです
寧ろ買わなくても、読むだけで生き方が変わるしそれで十分です
感謝の意思を示すなら、何か少し募金するくらいでいいと思います。

地球連邦のサイト

世界中で地球連邦を考えてる人がいるらしい

地球連邦の考えに賛成の方は
こちらのサイトで投票をお願いします
反対の方も反対の理由を考えて押してください

http://www.netlaputa.ne.jp/~gfg/j.html

安易なナショナリズムは国を滅ぼす

何度も言う、民族自決の原則はたしかに大切だけれど、安易な民族によるナショナリズムは国を滅ぼす。沖縄は本気で抵抗している。中国が裏から手を回しているかもしれないが、独立は確実に沖縄のいしである。沖縄が独立すれば、東アジアのパワーバランスが一気に崩れてそれこそ戦争になる。中国との戦争を回避しつつ、アジアの平和を保つには、中国の国内に、日本に対して、いい世論を作ること、歴史問題は解決不可能な問題なので、修正とか何処が間違っているとか安易な議論は展開しないこと、中国国内に平和を求める声を増やすこと、中国派は崩壊しかけている国家なので、民主化をねらっているNGO を支援すること。コレしか道はない。恨みとか、短期的な利益しかもたらさない感情に飲み込まれるのは良くない。共産党政府とは強気な姿勢でたいじしつつ、中国国民には、慈悲の心で接すること。
プロフィール

フリードリヒ

Author:フリードリヒ
大学で政治学、社会学、心理学、文化について学んでいます!
最終目標は、世界連邦共同体の設立です。
一刻も早く、誰もが幸せになれる、戦争のない、あらゆる人達の生存権が保証される世界を目指して。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。