FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実をきちんと認識するために

現実をきちんと認識するためには、偏見を捨ててありのままの現実を見ると同時に、誰がこういうことをして一番得をするのか、つまり、誰が何のために、どんな目的で、それを行ったのか、そしてそれを言い出したのはどんな人で原罪どんな思想を持っているかを調べることが有効であろう。
スポンサーサイト

どうやら2010年辺りから激動の時代が始まったようですね

今日はあえてピエロになります
     ウクライナしかり、チェチェンしかり、中国も共産党が危ういですね、韓国では格差が広がり怒りの矛先が何故か日本に(笑)、日本でも格差が、そりゃデモとかおこりますよね。
 経済成長(笑)、コレ以上経済成長したら其れはつまり、この世界の資源の消費スピードをあげて、この世界の回復スピードを超えて、この世界を破壊することです。ただでさえ資源に限りがあるのに、奪い合う(笑)。
 そんなあなた達は、戦争がしたいんですか。やめて欲しいですね。
 今世界中で、経済成長の限界が来ています。経済成長は、コレ以上は望めないし、望むべきではないですね。そんなことより、経済格差をなくすために、所得の再配分を真剣に考えて内政の充実に努めてほしいものです。
 安易なナショナリズムに走る人たちの、気持ちはわかります。しかしそれでこの世界は良くなるんですか。(笑)
 良くなるわけがありませんよ、そんなの、ただただ、不満という性欲を吐き出すための自慰行為と等しいです。なんの問題も解決していないし、この世界を良くするビジョンが示せてるわけでもないじゃないですか。そんなコトするんだったら、現実を受け入れて、問題を把握し、どうすればこの地球全体で、皆が幸せになれるかということをしっかり考えたり、アイデアを実現するために、行動をするべきですね。
 国家に閉じこもるのもいいでしょう。もし、ナショナリズムにこだわって、他の国と仲良くせず、それでも、平和を維持したいのなら、鎖国するしか、はんえいのみちはありませんよ。でもそんなことしたところで、日本のんかにだって、外国の製品を望む人たちがいたり、外国の製品によって助かっている人達もいるんですよ。成功するわけ無いです。日本の中にすら、日本が嫌いな人達もいる、そんな人達は出て行けという人達もいるかもしれない。でも、簡単に国外に移動できないのが現状です。議論がそもそも成立していません。(笑)
 それに、日本民族とか言うアイデンティーで国をまとめようとすると、沖縄とか独立しますよ、沖縄と台湾の間にある尖閣諸島はどうなるんですかね(笑)
 国にこだわったところで、問題は何も解決できないということに気がつくべきですね。
これからは、国家という枠を超えて、富の再配分をまじめに考えることによってのみ、より良き地球という連邦国家を作り出すことが唯一の道だという、途方も無い現実を受け入れるべきです。
 理想論かもしれません、むずかしいかもしれませんが、コレしか道はないです。

最後に、僕は、地球規模で、いろんな人の意見や、世論を集められたり、誰もが簡単に世論を集めることができたり、世界中の人達が、国家の枠、肩書の枠を超えて、政府について、これからの未来について語り合える、空間やサイトやイベントを作りたいと思ってます。協力してくれる方は、僕にメールを下さい。

lokiutogard@gmail.com

正義か平和か 戦争の究極的なチョイス

戦争というのは、悲惨なものだ。暴力を使わない、新しい、戦争の方法がある、其れは、市民社会によるデモである。特に、楽しそうにまるで祭りのように行うデモは、無秩序のように見えてなかなか停めにくい。こうしたデモを行える、市民社会というあらたな、政治のパワーを作り出すことによってのみ、新しい世界が作られるのである。暴力を用いいて無いのだから、相手も暴力は使えない。其れはものすごいプレッシャーになるだろう、更に代表のない団体を作り、デモごとに、参加者を募れば更に効果的である。
 暴力を使った戦争はとてもかっこ悪いものである。結局の残るものは後悔だけなのだから。
戦争というのは、いや全てのあらそいは、自分だけが正しいという思い込みから生まれる。実際はたくさんの正しさが存在するのに其れを認められず、正義の押し付け合いから戦争が始まるのである。故に、戦争の前ですら究極のチョイスは、正義か平和かなのである。常に、正義に向かって前進しつつ、同時に政治的に妥協するというのが理想的である。それぞれには、それぞれの守るべき利益が有り、生活があるのだから、自分自身の価値観を、相手の状況を理解せずに押し付けるものは、其れこそ悪である。
本当に国を守りたいのなら、家族を守りたいのなら、なぜ、今の世界はこんな状況になったのか、原因之把握をきちんとすべきである。
プロフィール

フリードリヒ

Author:フリードリヒ
大学で政治学、社会学、心理学、文化について学んでいます!
最終目標は、世界連邦共同体の設立です。
一刻も早く、誰もが幸せになれる、戦争のない、あらゆる人達の生存権が保証される世界を目指して。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。